スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【菅登板】「庶民の気持ち理解」「誰でも同じ」(産経新聞)

 ■「普天間忘れずに」「毅然と対応を」

 菅直人新首相の地元・東京都武蔵野市や出身の山口県では4日、歓迎の声があがる一方、沖縄県民らからは普天間問題などで厳しい注文の声も聞かれた。

 武蔵野市のJR吉祥寺駅前では介護施設職員、原里枝さん(48)が「地元から首相が出るのはうれしい。世襲じゃないし、庶民の気持ちをわかってくれると思う」と期待を寄せる。

 また地方公務員、金子隆さん(37)は「小沢さんと距離があるのが良い。クリーンな政治をしてくれると思う」と評価する。

 だが、駅近くの居酒屋店長、奈須洋さん(57)は「政治家としてはおとなしいイメージ。選挙の時は元気がいいが、国会では居眠りしている姿しか見ていない。首相は誰がなっても同じ」とバッサリ切り捨てた。

 菅氏が高校の途中まで過ごした山口県宇部市では、中高の同級生ら約30人が飲食店に集まり、テレビの前で菅新首相の誕生を見守った。中高の同級生、東哲郎さん(63)は「厳しい状況だが、頑張ってほしい」とエールを送った。

 一方、沖縄県の仲井真弘多(なかいま・ひろかず)知事は、県庁で記者団に「沖縄が感じている過重な基地負担を抜本的に改めるよう取り組んでいただきたい」と強調。同時に「沖縄の基地問題に(新首相が)目線を向けるまで時間がかかるかもしれないが、『お忘れなく』と言いたい。腰を据えて取り組んでもらいたい」と念を押した。

 普天間の隣接地区に住む新城清子さん(51)は「基地撤去は一番の願いだが、(辺野古のある)名護市民には同じ思いをしてほしくない」と指摘。辺野古で金物店を経営する西川征夫さん(66)は「沖縄は戦後65年間、米軍基地を押しつけられてきた。県民の思いを受け止め、国全体の問題として毅然(きぜん)と対応してほしい」と力を込めた。

<点滴事件>37歳主婦の懲役10年確定 幼い娘3人死傷(毎日新聞)
“仕分け大臣”に蓮舫氏 政調会長は玄葉氏で調整(産経新聞)
母の心音 安心響け 子供の未来に残したい オーダーメードCD人気(産経新聞)
直木賞、電子書籍に…「ほかならぬ人へ」早くも(読売新聞)
「本番は9月だ」小沢氏が独自候補擁立に意欲(読売新聞)
スポンサーサイト

郵政法案たった6時間で強行採決 野党激怒「前代未聞の暴挙」(J-CASTニュース)

 米軍普天間基地の移設問題の影に隠れて目立たないものの、国会では、異例のペースで法案の強行採決が行われている。特にそれが際だつのが郵政改革法案で、審議入りしたその日に、わずか6時間の審議で強行採決。「前代未聞の暴挙」(共産党)をはじめ、野党側が激しく批判しているのはもちろん、与党側の一角からも疑問の声があがっている。

 今国会の衆院委員会では、2010年5月12日には国家公務員法改正案、5月14日には地球温暖化対策基本法案、5月25日には放送法改正案などが、相次いで強行採決されている。

■公聴会や参考人質疑も行わず、野党要求資料も提出せず

 その中でも、その強引さが際だっているのが、郵政民営化を見直す郵政改革法案だ。5月28日に衆院総務委員会で審議入りしたものの、6時間足らずの審議で採決に踏み切った。05年に同法案が成立した際には、衆院だけで110時間も審議に時間を費やしたのとは対照的だ。それだけに、採決は野党議員が「強行採決10回目」と赤文字で書かれたビラをかかげ、「おかしいじゃないか!」と怒号が飛び交う中で行われた。

 もちろん、自民党政権下でも、強行採決は多く行われた。例えば、06年11月には教育基本法の改正案が衆院特別委員会で強行採決され、「大荒れ」となったが、採決までには100時間を超える審議を行っている。

 それでも民主党はこう批判していた。

  「広く深く時間をかけた国民的な議論が必要であり、質疑時間が100時間に達したから採決などという性格の法案ではありません。にもかかわらず、政府・与党は、衆参両院において、与野党の合意もなしに質疑を打ち切り、強行採決を行いました」(民主・松野頼久議員)

 それだけに、今回の「6時間」という審議時間の短さが際だつ結果になっている。今回の採決をめぐっては、亀井静香金融・郵政担当相は、

  「郵政改革も、一歩大きく前身しました」

と満足げだったが、野党側は、足並みを揃えたように猛反発している。

 自民党の小泉進次郎議員は、採決後に

  「民主党は終わったなと思いましたね。もう、期待はずれ、時代遅れ、ウソつき。何故、こういう自爆行動をやるのかね」

と吐き捨てたほか、谷垣禎一総裁は、記者会見で

  「今の民主党政権は『選挙で多数を取ったら、あとは数の力で押していく』という状態。『国会の中で衆知を集めて、よりよい合意をつくっていく、より良いものに仕上げていく』、こういう民主主義のプロセスという考え方が決定的に欠落している」

と批判、ツイッターでも、

  「鳩山政権は国会を法案成立工場と考えているとしか思えない」

と書いた。

 5月29日には、共産党の機関紙「しんぶん赤旗」は、

  「民主党の近藤昭一委員長も重要だと認めていた公聴会や参考人質疑も行わず、野党が要求した資料も提出しないままの採決で、まさに前代未聞の暴挙」

と批判。

■福島党首も「問題あると思いますね」

 「審議1日『言論の府』圧殺」と題したコラムも掲載され、与党側を

  「国民や野党の要求は一顧だにせず、自らに都合のいい法案の成立に血道を上げる――。これが民主党の国会運営の姿です」

と糾弾した。

 公明党の機関紙「公明新聞」も、5月31日に「許されない数まかせの国会軽視 『郵政』強行採決」と題した論説を掲載している。

 それ以外の野党についても、強行採決の直前に行われた共同会見で、

  「自民党時代よりもひどい強権的な言論弾圧」(江田憲司・みんなの党幹事長)
  「民主党が出そうとしている結論も、プロセスも全部間違えている」(園田博之・たちあがれ日本幹事長)

と、やはり与党批判を展開している。

 与党の一角からも、採決に疑問の声が出ている。連列離脱を表明した社民党の福島瑞穂党首は2010年5月31日、TBSのニュース番組「朝ズバッ!」で郵政改革法案の採決について聞かれ、

  「内容については賛成なんですよね」

と答えるも、

  「やり方は?」

と突っ込まれ、

  「問題あると思いますね」

と、強行採決というやり方に対して疑問を呈している。

 郵政改革法案は、5月31日中にも衆院本会議で可決される見通しだが、その運営のあり方をめぐっても、野党からは

  「本会議。野党の国対委員長会議の最中に開始ベルを鳴らす衆議院議長って、公正? 今夜は深夜までかかりそうだ」(小池百合子衆院議員、ツイッター上で)

と、批判の声があがっている。与野党の対立は深まるばかりだ。


■関連記事
風雲急 郵政改革法案 与党に強行採決論も浮上 : 2010/05/26
「三宅議員転倒」瞬間の真実は? ユーチューブで再生100万回超 : 2010/05/18
「しっぽが頭振り回した」 返済猶予法案の強行採決 : 2009/11/20
民主党の強行採決 自民の批判はブーメラン? : 2009/11/20
<ストレス5>忙しい人でも三日坊主にならずに「運動」を続けるコツ : 2010/05/31

「君個人の判断でやれ」 話し合い後、代表はそう告げた SS元船長第3回公判(産経新聞)
緊急無線、特殊気象で無関係の電車も止める(読売新聞)
「子宮頸がん」で市民公開講座(医療介護CBニュース)
連立解消を、閣外協力も×…社民沖縄県連(読売新聞)
衝突の瞬間「ガツッ」 叫ぶ乗組員 SS元船長初公判ライブ(産経新聞)

【新・関西笑談】混迷時代の改革リーダー(4)(産経新聞)

 □浄土真宗本願寺派総長 橘正信さん

 ■必ず壁にぶつかる自己中心主義 お寺が居場所になれば心が豊かに。

 --800年以上続く、自坊の圓勝寺(岐阜県本巣市)は、定年退職者の貴重な交流の場となっています

 橘 定年退職した団塊の世代の人をまざまざと見てきました。定年まではエリートとして活躍していた人が、2カ月もたつと気の抜けたような生活になる。最初は「長い間迷惑かけた」と夫婦で旅行などに行きますが、その後は別行動となるんですね。

 --どんな相談を受けてきたのですか

 橘 ある人は、毎日決まった喫茶店に行っていたが、3カ月もすると疎まれる雰囲気になり、仕方なく電車でぐるぐる市内を回っていたと言います。これも飽きてしまう。主婦は多方面に接触がありますが、ご主人は本当に孤独な人生を送ることになる。お寺に来なさいとなるわけです。

 --何をされるのですか

 橘 うちは田舎ですが、観光客の方も多く参拝してくださる。そのうち、庭で花を作ろう、ベンチも作ろうとなりました。みな楽しみに来てくれます。そのベンチに私が座り、雑談で家族の話を聞いたり、人生相談に乗ったりということが自然に生まれました。

 --寺に自然と人が集まる理想の形ですね

 橘 楽しいですよ。喫茶店に行くとお金がかかりますが、お寺ではおにぎりを食べながらおしゃべりをし、汗をかきながら奉仕もする。日曜には家族で来て、庭でご飯を食べたりしています。

 --「混迷の時代」といわれ、むなしさを感じる人が増えています

 橘 宗教には一つに「感動」がある。生きている感動がなければ、むなしい。自分さえよければと頑張っているときはいいが、自己中心主義は、必ず壁にぶつかります。親鸞聖人は「本願力にあひぬれば むなしくすぐるひとぞなき 功徳の宝海みちみちて 煩悩の濁水へだてなし」とおっしゃっています。

 --どんな意味でしょう

 橘 いかなる環境でも人生にむなしさを感じるのが一番つらい。煩悩とは分け隔てをすること。「あいつがどう」「こいつがどう」と言って苦しむのです。それが、お念仏によってとっぱらわれる。「あなたの命も私の命もみな一つであり、互いに敬い、助けあう生き方にこそ満足感が得られる」ということです。親鸞聖人が生きた鎌倉時代は戦乱に明け暮れ、今より大変だったと思います。だからこそ、多くの庶民は本物を求め、このすばらしいお念仏のみ教えを頼りにしたと思います。

 --寺はなぜ遠い存在になったのでしょうか

 橘 かつては人々の語らいの場、娯楽の場所だったのが、いつのまにか法要儀式だけが残った。儀式や法要によって無常の命に気づかされ、命の尊さに目覚める場としての役割はありますが、今は葬式や法事なども少なくなっています。盛んだった日曜学校も今は子供が少なく、塾などもあって寺に来る暇がない。外部にもいろいろ誘惑がある。しかし、お寺が居場所になると、心が豊かに育つと思いますよ。特に小さい時はご縁があるようにしなければいけません。

 --そのためには、どんな工夫が必要ですか

 橘 自坊では昔、盆踊りや相撲大会を催していました。今は一般的に避難場所になっている程度。子供の居場所になるようにいろいろ工夫したり、大人に楽しんでもらうには、ジャズコンサートや落語会をしたりして、同時に法話も聞いてもらう。老人施設や喫茶コーナーをつくっている寺もあります。現代には現代のスタイルがある。私は結構だと思います。(聞き手 嶋田知加子)

<質問なるほドリ>衛星はどうして種子島から打ち上げるの?(毎日新聞)
<自民党>青木氏の長男後継を河野太郎氏が批判 指摘で撤回(毎日新聞)
「命を扱う医師が…」「愚かだ」 不同意堕胎容疑の小林容疑者に憤りの声(産経新聞)
「年金もらえなくなる」 庭に母の死体遺棄容疑の50歳無職男(産経新聞)
首相動静(5月17日)(時事通信)

<沖縄>平和行進スタート 名護市長も出席(毎日新聞)

 沖縄の本土復帰(1972年5月15日)を記念し、沖縄本島を歩いて平和を願う「5・15平和行進」(同実行委主催)が14日午前、沖縄県内3カ所で一斉にスタートした。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移転先として政府が検討する名護市辺野古では、約600人がキャンプ・シュワブとの境界がある砂浜で出発式を開き「基地のない平和な沖縄を作ろう」と訴えた。

 小雨の中行われた出発式には、名護市長としては24年ぶりに稲嶺進市長が出席。「復帰から38年間米軍基地に脅かされる生活は変わらないどころか、新政権はこの辺野古にくい打ち桟橋方式で基地を持ってこようと画策している。この計画を許してはならない。普天間の早期返還を訴えるため頑張りましょう」と呼びかけた。

 行進は糸満市と読谷村でもスタート。計約3500人が3コースに分かれ、2日間で計91.7キロを歩く。15日に「平和とくらしを守る県民大会」が開かれる宜野湾市海浜公園を目指す。

 辺野古出発の行進に参加した、金沢市の会社員、甲谷(かぶとや)徳幸さん(40)は「航空自衛隊小松基地も嘉手納基地の米軍機の訓練が移転してきて、騒音に苦しんでいる。政府は国内に移設するのではなく、国外に持っていく方向で米国と交渉すべきだ」と話した。【斎藤良太】

【関連ニュース】
<特集コーナー>平和を考える
今、平和を語る:児童文学作家・松谷みよ子さん
<ニュースが分かる>基地の島・沖縄が揺れている 74%が集中
在日米軍再編:普天間移設 「沖縄の負担、全国で」 首相、理想タテに続投
普天間移設:首相、5月末断念…知事会で負担分散要請へ

<痴漢>逮捕77人 再犯37% 首都圏集中取り締まり(毎日新聞)
<水質汚濁>基準超す廃液流した疑い、会社社長逮捕 千葉(毎日新聞)
空自技官、収賄容疑で逮捕=千歳基地の工事入札で便宜-北海道警(時事通信)
<訃報>平野勇夫さん85歳=元毎日新聞取締役編集主幹(毎日新聞)
「買い物難民」に宅配や送迎支援、研究会提言へ(読売新聞)

# 浄土宗総本山・知恩院の佐藤執事長が辞任(産経新聞)

 浄土宗の総本山、知恩院(京都市東山区)は26日、佐藤諦学(たいがく)・執事長(84)=山科区、福應寺=が体調不良を理由に同日付で辞任した、と発表した。執事長は事務方のトップで、内閣でいえば首相にあたる存在。次期執事長が決まるまで、山添法道総務部長(73)が執事長代務者を務める。次期執事長は、早ければ5月6日にも正式決定する予定。

 知恩院は来年「元祖法然上人800年大遠忌法要」を控えており、50年に一度の大法要を前に、佐藤師は執事長職に意欲を見せていた。しかし、関係者によると「指導力や人事管理などに関して内局からの支持を失い、求心力が低下していた」という。

 佐藤師は平成17年2月24日から執事長に就任。志半ばでの辞任となった。

【関連記事】
ノーベル平和賞 マータイさん、知恩院に桜の木贈る
異例「東・西」本願寺そろって協力要請 親鸞遠忌法要
大みそかを前に…除夜の鐘の試しづき 京都・知恩院
車窓から眺める夜の京都はいかが? 「観光よるバス」運行へ
天皇陛下ご即位20年 知恩院門跡「益々のご健康を」 京都事務所で記帳

宮崎の口蹄疫は韓国と同タイプ 農水省、O型ウイルス確認(産経新聞)
青森市に改善措置要求=前副市長関与の官製談合認定-業者に課徴金3億も・公取委(時事通信)
<乳児虐待>壁に投げつけられた長女、11月にも骨折 (毎日新聞)
【健康】ストックウオーキングで全身運動 体への負担少なく効果大(産経新聞)
雑記帳 元西鉄ライオンズの稲尾和久さんモデルに博多人形(毎日新聞)
プロフィール

Author:ふちがみやすひろさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。